9月20日、ラグビーワールドカップが開幕しました。
ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の影響で、ラグビーを見ると「♪これが 愛じゃ~なければ なんと呼ぶ~のか~」と、米津玄師「馬と鹿」が脳内をめぐります。嵐が好きですが、「BRAVE」より「馬と鹿」。ドラマの影響力は大きい…。

開幕初日に、店内スクリーンでラグビーを見るイベントを知り、会社帰りに行ってきました。イベントをするお店に一度行ってみたかったので、この機会に潜入というわけです。

ラグビー観戦
▲ビール飲みながら、スナック食べながら観戦しているお店はコーヒーショップ


ちなみに私カラノは、ラグビーのルールは持ち合わせていません。NHK「グッと!スポーツ」で仕入れた程度です。同じくらいルールを知らない人が集まったお店に、救世主現る。ひょろっとした男子が、試合状況をつぶやいているのです。それが副音声のごとくで、がぜん観戦がおもしろいものに!

そんな中、映し出された選手を見て「ラグビー選手って、ヒゲを生やしている人が多いよね」という声が上がりました。私もNHK「グッと!スポーツ」のW杯開幕直前スペシャルを見ながら思いました。ほかのスポーツと比べて、ヒゲ率高い&髪型が個性的ではないか…?
グッスポ
▲NHK「グッと!スポーツ」ワンシーン。左から田中史郎選手、堀江翔太選手、レメキロマノラヴァ選手


この言葉を、ひょろっと男子が聞き逃すはずがありません。彼によると、モール(スクラム)を組んだ際、ヒゲが相手の邪魔になるので、ヒゲのラガーマンが多いとのこと。ドレッドの堀江選手、個性的な松島幸太朗選手の髪型も、相手が力を入れづらいことを考慮したもの…って、ホントなの!? ファッションではなく、戦略だったとは…。

居合わせた男性が「相手が嫌がるなら、臭いニオイも有効ちゃう?」と発言。「そうですね、ニオイは…」とひょろっと男子が話し始めたところで、試合が急展開! ラグビーとニオイの関係はわからないまま、初戦勝利で終わったのでした。

わからないといえば、TBS。民法のラグビーW杯の放送はNHKと日テレ系だけ。「なんで、TBS系がラグビーのドラマをやったのか?」。これについては解答出ず。なんで??