9月の資格試験が終わりました。FP2級…ファイナンシャルプランナーの試験です。なんと国家資格! ちなみに、仕事は金融や不動産業界ではありません。
IMG_0690

●FP試験は実施機関が2つある
「金融財政事情研究会(金財)」と「日本ファイナンシャルプランナーズ協会(日本FP協会)」があります。

●実技は接客対応…ではない
試験は午前が学科、午後が実技で、午前は金財も日本FP協会も問題は同じ。午後の実技は実施機関で内容が異なります。私は日本FP協会の試験を受けました。
最初に「実技」の存在を知ったとき、金融機関のカウンター業務のごとく接客試験があるの!?と勘違い。そんなわけはない(呆)。学科も 実技も筆記試験。学科がマークシート(四択)60問、実技は記述式40問です。

●学科と実技、それぞれ6割の正答が必要

学科は60点満点で36点以上、実技は40問100点満点で60点以上が正答なら合格です。どちらも6割の正答が必要です。
9月試験の結果が出るのは10月ですが、試験後にザッと自己採点をしたところ、学科はなんとか合格…かもしれない。でも、実技は確実に落ちました。

●実技試験は1月にリベンジ!

学科・実技のどちらかが合格した場合、合格した試験実施日の翌々年度末まで、申請すれば合格した試験は免除になります。
試験は毎年1月・5月・9月の3回。今回、2019年9月試験で学科が合格したと仮定すると、2021年の年度末、つまり1月実施までは学科なし・実技試験のみで受けられます。
鉄は熱いうちに打つべし!というわけで、来年1月26日の試験に向けて、ゆるりと準備を進めます宣言、でした。行こう、パトラッシュ!(ココロのパトラッシュに呼びかけてみた)