「えぇ、こんな色が似合うんですか!?」。思わず大きな声が出てしまいました。2月に受講したパーソナルカラー講座での話です。

40代になり、“今までの服が似合わない”という思いがモヤモヤ芽生えていました。そして、モノトーンの服ばかり選ぶように。モノトーンも似合っていればいいのですが、私が着ると地味なんですよ。無難に選んだのが、一目でわかる感じ。これって、私だけでしょうか?

いい機会なので、パーソナルカラー講座を受講しました。そして思ったのが、「40代こそ、パーソナルカラーを知らないと損!」ということ。パーソナルカラーを知ったことで、さっそく、洋服とリップ選びに効力を発揮しました。
そこで、以下の内容でまとめてみました。
  1. 思い違いをしていた似合う色(簡単な診断方法も)
  2. 受講後の変化2つ
  3. 知識を深めるために読んだ本
私と同じく40代で、「手持ちの服の色がしっくりこなくなった」という方には参考になるかもしれません。

¶5秒でわかる、パーソナルカラーの見分け方
先生は、イメージコンサルタントの魚田純さん。もう、教室に入ってきた瞬間のキラキラオーラがすごい。人の魅力を引き出すための外見力、販売スキル、ビジネスマナー研修を美容室・専門学校・大学などで行っているそうです。

◆手首を見れば似合う色の傾向がわかる
講座では色が与える影響などの解説もあり、これも興味深かったのですが、やっぱり気になるのは、自分に似合う色。
よく知られていることですが、色には黄色を含んだ温かみのある「イエローベース」(略してイエベ)と、青みのある涼しげな「ブルーベース」(略してブルベ)があります。

先生によると、イエベかブルベかは、手首を見れば大体わかるそうで、さっそくチェック。見るべきところは、手首に浮き出た血管の色緑系ならイエベ、青色系ならブルベだそうです。
そこで判明したのが、私はブルベだということ。これは意外でした。というのも、ファンデーションを買うときって、首に近い色で合わせるじゃないですか。ピンク系になることはなく、どのブランドでもイエロー系だったので、イエベだとばかり思っていたのです。根本から間違ってるやん、私!

◆布をあてて、より自分に“似合う色”を知る
200525_2

パーソナルカラーのレッスンといえば、カラー布をあてて似合う色を見つけるのがメインイベント! もちろん、講座でもありました。
イエベとブルベはさらに4つに分類されます。
  • 明るく鮮やかな〈イエベ春〉
  • 穏やかで落ち着いた〈イエベ秋〉
  • そして淡く柔らかい〈ブルベ夏〉
  • 強く深みがある〈ブルベ冬〉
カラー布も青だけで春夏秋冬と4種類あり、これを順番にあてて、自分がどこに分類されるかを探していきます。

試す布は〈青・ピンク・緑・黄・赤・白〉の6色で、それぞれ〈春夏秋冬〉と4種類ずつ、24枚。これをすべて、あてていきます。
ちなみに、同じように見える白も、白も目に痛いほど白いもの、やわらかい白など4種類すべて異なります。ということは、白だから大丈夫とは限らないということ!? 自分に似合っていない白じゃないと、意味ないやん!
今回の講座はマンツーマンではなかったので、“どの色が似合うか”を、グループのメンバーとカラー布をあてながら確認しあいました。これが面白かった。客観的に見ているので、色でこんなに印象が変わるのか!ということが、本当によくわかりました。似合う色をあてると、パッと表情が明るくなったように見えるんです。恐るべし、色のちから。

最後は先生に確認していただき、私に似合う色は〈ブルベ夏〉ということがわかりました。それって、“こんな女子っぽい色は似あわない”と、避けていた色! 「ラベンダー色が似合いますね。ピンクは〈春〉を選ぶと、肌の黄みが目立つので避けた方がいいですよ」なんてアドバイスも。緑も、万能と思っていたカーキは血色が悪く見えるからNG。そういう“似合わない色”をトップスで着るときは、似合う色を間に挟むといいそうです。
200525_1
▲最後に〈ブルベ夏〉の色見本カードもいただきました

¶服もリップも自信をもって選べる
講座を受けて数日後。洋服を見ようと店に入ると、服の見方が変わったことがわかりました。形が気に入っても、自分に似合う色=ブルベ夏がなければ却下。ハンガーにかかっている服も、イエベ系は最初からスルー。もちろん、1回の受講ですべてわかる訳ではありません。でも、似合う色のカテゴリがわかるだけで、ムダなく選べる道筋がついた気がしました。

◆「ブルベ リップ」検索でお知恵拝借
そしてリップ、口紅です。こちらも、最近は“万能カラー”が似合わない現象が起きていました。講座では、似合うメイクカラーも教えてもらったので、自分に合ったリップを買うことにしたものの、今まで慣れていない色はちょっとした冒険です。百貨店のコスメカウンターで、お高いリップを買うのは悩みどころ。
そこで、困ったときのSNS頼み。Twitterとインスタで「ブルベ リップ」と検索すると、コスメ好きな人が投稿したオススメリップがいくつかヒットしました。情報を元に1本350円(税別・ケース別)「ちふれ」553レッド系をお買い上げ。今まで使ったことがない“The レッド”です。でも、使ってみると、いつもより血色がよく見える! “万能カラー”を過信しては、いけないのです。45歳にして大発見。

正直、若いときは、自分カラーじゃないメイクも何とかなる気がするんです。ハリのある肌がカバーしてくれるというか。
でもこちらは40代。いくらスキンケアに気を使っても、若い世代の肌とは違います。パーソナルカラーを知らないことは、40代の自分をくすませる。せっかくメイクをしていても、服を選んでも逆効果ということを、身をもって実感しました。うぅ、もっと早く気づきたかった、自分に似合う色!

◆おまけ
200525_3

パーソナルカラーに興味が出て、受講後に読んだ本。服選びは色だけではなく、骨格の見極めも必要だそうで本を見て、骨格の自己診断をすると、好きなスタイル、安心感のある“いつものスタイル”に結果を寄せてしまうので、こちらも機会があれば、プロに見てもらいたい……!

 骨格診断とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則
写真右:服のタイプをイメージしやすいイラストが豊富。色見本シートがついているので、パーソナルカラー診断の目安になります 
着るだけで夢が叶う服選びの魔法 人生を変えるフレイム・ファッション
写真左:上の本よりイラストは少なく、テキストメインですが、色を味方につけて“勝ち”を手にした人たちの話は、今後の機動力になりました

★講座はこちら A´ワーク創造館(大阪地域職業訓練センター)
6月と8月にも講座があるようです。税込3,300円で価値あり。